いつでも飛び降り自殺は出来るが、いつでも飛び降り自殺は中止も出来る。要は、死ぬか死なないかは、あなた次第だ、ということだ。

 飛び降り自殺はどこでするのか?

 どこで飛び降り自殺して死ぬのか?という疑問だが、まずは、本当に自分が投身自殺で死にたいのか?についてもう一度考え直してみましょう。

 死にたくないのに飛び降り自殺してしまう心理というのもあるからだ。本音では生きたいと思っているのに、理性の部分で、もうこれ以上この世で生きてはいけない、と勝手に思い込んでいるということ。なので、そのポジティブな感情、そしてネガティブな感情というのを総点検する必要がある。果たして、本当にあなたの深層心理はどう思っているのかを総点検してくださいな。死ぬのはいつでも死ねるのだから。

 ようやく死ねると安堵したとしよう。そして、あなたは嬉々として飛び降り自殺で死ぬ準備をする。人生が不幸だからとか、病気で生きるのが辛いからだとかの理由により、気の迷いなく、そして心の迷いなく飛び降りて死のうとする。だが、幸福な気持ちで死ぬ人など一人もいない。みんな、悲しい気持ちで飛び降りるのだ。

 子どもの頃に好きだったデパートとか崖といった好きな場所から、好きな時に投身自殺したとしよう。しかし、そんなものは、心が飛び降り自殺を正当化する為に、真の気持ちを偽装しているに過ぎない。

 投身自殺は楽に死ねるとか、楽に逝けるとか、飲酒してから飛び降り自殺して死ねば痛みを感じずに死ねるとか、全部、自分の投身自殺行為を正当化する為の言い訳ではないか?本音では、死にたくはないのだから、素直に中止すればよいだけのことだ。

 人に見つからない場所で飛び降りる方法

 深呼吸をして呼吸を整えてから、足がガクガク震える様子を整えて、頭から落ちる、または背中から落下するのを目指す。そして後遺症の残らないように細心の注意を払い、空中で駄々をこねないように、手錠で手足や両手首を固定して、或いは手首と手足を縄で固定してから、落下する。尻から落下すれば確実に死ねるとか、雪の日に、屋上の縁が凍っている時ならば、滑り落ちる格好で一気に落下出来るとか、そういった投身自殺の死に方にばかり着目しているのが、現代の自殺志願者達だ。

 しかし、考えてもみて欲しい。やっと楽になれると、半ばグロい状態で発見されたにも関わらず、グロい死体にはなり切れずに、中途半端な状態で失敗する飛び降り自殺のケースが多々ある。つまり、内臓を出したにも関わらず、死ねなかった、というパターンだ。

 内臓や脳や血液や筋肉が出ている飛び降り自殺死体に完璧になるには、それなりの準備が必要だ、ということだ。深呼吸をして、覚悟を決めて、勢いをつけて、とか、そんなのは、単なる己の心理状態を落ち着かせただけだ。勢いをつけて落ちようが、惰性で落ちようが、死ぬ時は死ぬし、死なない時は死なないのだ。丁度、港からの投げ釣りであっても、遠くまで飛ばせば釣れるとは限らない。直ぐ近くにポチャンと垂らしただけで大物が釣れることもあるのだから。

 夏、秋、冬、春、いつ飛び降りようが、凍死自殺とは異なり、飛び降り自殺には季節は関係が無い。いつ飛び降りようとも、無関係なのだ。運が良いとか、運が悪いとかよりも、飛び降りる高さ及び着地面の材質が、飛び降り自殺で死ねるかどうかの決定事項なのだ。

 飛び降り自殺してから、何時間後、何日後に発見されるかは分からない。一時間後に、二時間後に、三時間後に偶然発見されるかもしれない。都会のど真ん中ならば人が沢山いるので、直ぐに発見されるのだが、田舎町の深夜の時間帯とかならば、中々数時間経過しても発見してもらえないかもしれない。

 飛び降り自殺者の遺留品について

 飛び降り自殺者の自殺死体からは、様々な情報が発見される。その人の身分証明書とか、遺書とかね。飛び降り自殺者がリュックを背負ったまま飛び降りることは考えられないが、飛び降りた場所の脇にリュックやカバンが置いてあることが多いし、靴も揃えてから飛び降りることも多い。それらの遺留品は、警察の捜査の重要な手がかりとなる。

 但し、警察の捜査が完了した後、遺族がいなかったり、遺族が受け取りを拒否した場合には、それらの飛び降り自殺者の遺留品はゴミとして処理されるだろう。しかし、骨董品とかの貴重な金目になる物があれば、少しは流通するかもしれない。

 人に見つからずに、飛び降り自殺で有名な自殺の名所で飛び降りて死ぬ方法

 東尋坊のような自殺の名所では、ボランティアに保護されるのが常なのだが、ウロウロせずにスパッと一直線に崖から飛び降りれば、流石に巡回しているボランティアの自殺防止監視員達も、阻止は出来まい。つまり、警察やボランティアに保護されずに有名な飛び降り自殺の名所から飛び降りて死ぬには、一にも二にも、瞬発的な決断が必要だ、ということ。崖の下を目視してから、ここから飛び降りれば確実に苦痛なく死ねるとか、そんなことを確認したり考えている余裕はない。

 もうね、見つかったら、即、警察に通報されたり、保護されたりするのだから、判断力が鈍っていようが、判断力が無くなっていようが、もうね、無我夢中で空中に走り出すしかない。まあ、もしかしたら、その崖下に誰かがたまたまおったら、その人の激突してしまうので、巻き添え死させてしまうことになるのですが・・・。

 故に、当日に下見をするまではなく、飛び降り自殺する場所を予め前日以前に下見してから飛び降りるというのが、一つの手だと思います。そうすれば、当日に飛び降りた先に誰かがいそうなのか、或いはいないのかが判別可能だと思います。

 ビジネスホテルの窓から飛び降り自殺して死ぬ方法

 たまに、マンションやビルからではなく、ビジネスホテルとかの宿泊施設の自室の窓から飛び降りて死のうとする自殺志願者が存在する。彼らは、大抵、何らかの恨みを抱きながら飛び降りるケースが目立つ。その時の飛び降り自殺しようとする精神状態は、最早、普通ではない。人生が辛いからと、なぜに、宿泊施設からパジャマ姿、寝間着姿のまま飛び降りるのか?夢遊病なのか?その施設に大迷惑をかけることとなるのは明白なので、止めて頂きたい。硫化水素自殺でも大迷惑なのに、飛び降り自殺があったホテルなんて、客足が遠のいてしまうから。

 精神病院の屋上から飛び降り自殺して死ぬ方法

 精神病院の入院患者が、入院中の寝間着姿のまま、屋上や窓から飛び降り自殺して死のうとするケースが目立つのだが、それについて一言。苦しまずに飛び降りて死ぬつもりだったのだろうが、精神病院の高さというもの自体が、大して無い。故に、中途半端な高さから落下することになり、失敗する可能性が高い。つまり、生存する可能性が高いということだ。

 どうせ投身自殺するのならば、失敗する可能性がゼロ、或いは少ない、低い場所から飛び降りなければならない。その場所に到達してから、飛び降りるか飛び降りないかを、その場で判断してから飛び降りるのではなく、事前に調査済みでなければ、もう遅い。特に精神病院の屋上からなどというのは、直ぐに職員が駆け付けてしまうので、高さが足りないのと相まって、無意味である。

 苦痛の多い投身自殺

 投身自殺というのは、案外、中途半端な自殺方法であり、成功するか失敗するかどうか分からない死に方なのである。確かに、ただ単にある程度の高さのある場所から飛び降りればよいだけなので、容易に実行可能な自殺方法ではあるものの、完全に確実に息の根を止めることが出来るか?といえば、そうとも言い切れない。生存者も多数いるからだ。

 飛び降り自殺する機会を窺っている皆さんも、飛び降り自殺で死ぬチャンスを知る方法を探している皆さんも、手足が震えないで済む飛び降り自殺の心構えを検索中の自殺志願者の皆さんも、飛び降り自殺の予行演習を探している皆さんも、静かに飛び降り自殺して死にたい人もね、結局は、死に切れるかどうかは、運次第なのだ。30メートルの高さから飛び降りたとしても、死に切れるとは限らないし、たったの2メートルの高さから落下しただけであっても、打ちどころが悪ければ死んでしまった事例も存在するからだ。

 また、後遺障害として、細かい痙攣が発生することも多数ある。投身自殺の一番の問題点は、生き残った場合に、あまりにも残存する障害が大きい、ということだ。最早、普通に社会復帰することは適わないレベルの損壊が起こるからだ。

 完全自殺マニュアルに掲載されている投身自殺方法について

 飛び降り自殺の予防に関する研究は殆どなされていない。研究対象という程でもないからだ。又、大抵の場合、素面で飛び降りるものだが、たまに酒酔いのまま飛び降り自殺する強者もいる。

 とにかく、電車への飛び込み自殺も同様だが、一瞬の気の迷いで飛び降りたり飛び込んだりするのが、これらのタイプの自殺の種類に共通するパターンなのだ。

 それで、熱心に完全自殺マニュアルに掲載されている自殺方法などを閲覧して、確実に死に切れるであろう死に方が、投身自殺方法である、と結論付けたのだろうが、そうは問屋が卸さないのだ。完全自殺マニュアルに書かれている通りに忠実に実行したにも関わらず、死に切れなかったケースが多々あるからだ。

 また、完全自殺マニュアルには、飛び降り後の特殊清掃の作業会社に清掃の依頼をする費用面のことまでは何も書かれてはいない。当然、自然の中であれ、都会の中であれ、飛び散った肉片の処理、掻き集め、水で清掃、祓い清めの費用は、誰かが捻出しなければならない。故に、投身自殺者本人が死のうが生きようが、どちらにしろ、清掃費用は支払わねばならないのだ。あなた本人が支払うのか、あなたの遺族が支払うのかは、あなたが飛び降りた後に生存するか絶命するかによる。勿論、入院費用もね。ちなみに、特殊清掃業者の費用はバカ高いよ。投身自殺現場の死体清掃費用とか、飛び降り自殺死体処理費用とか、飛び散った内臓や脳や血液の清掃費用なんて見積もったら、ざっと百万円以上するであろう。

 飛び降り自殺者の入っていた保険金は支払われるのか?

 飛び降り自殺した場合に、保険金は支払われるのか?保険金は下りるのか?という疑問であるが、そもそも、自殺行為に関する保険金の支払いは、保険会社が拒否できるようになっているのだ。故に、保険金を受け取る目的で飛び降り自殺を実行したとしても、それは徒労となってしまう。徒労どころか、徒労死となる。ハッキリ言って、無駄死にだ。

 故に、遺族の為を思って保険金会社にあなたの家族へ保険金を支払わせようとする魂胆は、泡と消えるであろう。

 また、想像してみて欲しい。飛び降り自殺死体を見たことがある人になったとしたら?その悲惨な光景は、多分、一生忘れることが出来ないであろう。かといって、あなたの遺族から金を取れる訳ではもないしね。飛び降り自殺死体に自分がなったらと想像してみて欲しい。少なくとも、良い気分にはならない筈だ。自殺志願者と言う人達は、普通の人ならば絶対にやらないようなことをしてしまう位、精神状態が参ってしまっているのだから、少し寝るなり休むなりして精神を休めろ。

 飛び降り自殺した後に気絶して意識を失う方法

 誰しも、飛び降り自殺者ならば、飛び降りた後、もしも生存していたとしても、意識を失いたい、つまり気絶したいと思うものだ。しかし、そうは簡単には意識は喪失しないのだ。穏やかな表情で安らかに死にたいと思うのならば、元から投身自殺方法などで死のうとするな、ということ。

 飛び降り自殺の参考になる飛び降り方

 飛び降り自殺者が参考にする飛び降りのやり方として、実際に飛び降り自殺した人の体験談を参考にする場合が多い。しかし、考えてもみて欲しい。その人達は、飛び降りたけれど、生き残ってしまった人達なのだ。故に、確実に死のうとしている人にとっては、参考にはならないのではないか?でも、本当に死んでしまった人にはインタビュー出来ないしね。まあ、首吊り自殺の方が良さげだな。

 苦しまずに亡くなれる飛び降り自殺方法

 苦しまずに死ねる飛び降り方として、義理の父、つまり義父、そして義理の母、つまり義母が同時に飛び降り自殺して死んだ事例の体験談がインターネットの自殺サイトに書かれていた。それによれば、人生を悲観したその人の義理の両親は、共に自宅の高層マンションの最上階の通路から、真下に飛び降り自殺したそうな。結果的には即死出来たのだが、小学生の子供を一人巻き添え死させてしまったらしい。それで、補償問題、賠償責任問題が浮上したのだが、その人は両親の遺産相続の権利を放棄したので、賠償追及が不可能となり、その小学生の親御さんは泣き寝入りらしい。まったく、本人達は飛び降り自殺で苦しまずに死ねることばかり考えた結果、苦しまずに死ねたようだが、赤の他人を巻き添えにしてしまった罪は、あまりにも大きい。

 いくら救急車を呼ばれても、身体の損傷が酷ければ、けっしてもう助からないであろう。役に立つ飛び降り自殺の知識とかがあっても、他人に対する思いやりを失った者は最低だ。もしも激突して巻き添えにしてしまった人が妊娠中の妊婦さんだとしたら、生まれて来る子供やその子供の子孫も含めた可能性も一緒に殺したことになるからな。それらの重要な事項を、空中にジャンプして落下する前に、もう一度よく考えてくれ。

 緊急入院してから、ベッドの上で、看護師さんや警察官に、[あなたのせいで巻き添え死した人がいました]などと報告されたならば、絶望するであろうから。

 また、出産前に飛び降りたり、妊婦がマタニティブルーで飛び降り自殺するケースもあるらしい。母親が幼い子供と一緒に飛び降りるケースも多数報告されている。妊婦が飛び降りたら、お腹の中にいる胎児・赤ん坊が一緒に死ぬ事実ともあるからな。そこは二人分が死ぬことになるのだ。

 飛び降り自殺を図ろうとする者は、何も、死んでいくしか道がない老人ばかりではない。まだまだ未来があるであろう人物であっても、勝手に自分はこの世に必要のないダメ人間である、この世に不要な屑人間だと勘違いして思い込んでいるので、飛び降り自殺して死んでしまうのだな。

 勝手に人間社会に不要だと感じた人が飛び降り自殺で死んでいく傾向があるが、もっと図々しくなった方が良い。でなければ、生きていけない。たとえ、社会からゴミカスだと断じられようとも、日本社会に不必要な人間だ!と断罪されようとも、だ。

 病院に運び込まれてからでは、もう、いくら医者や外科医や看護婦といえども、が着ることは限られているぞ。要は、あなたが元々、飛び降りなければ、膨大な外科手術とか、蘇生処置とかせずに済んだのだ。それらは本来不要な治療だったのだ。看護婦に助けられたリ、治療されたりする前に、そもそもあなたが投身自殺行為をしなければ済むだけの話だ。

 飛び降り自殺で死にたい気持ちが強い人だろうが、逆に弱い人だろうが、一度飛び降りてしまえば、間違いなく身体障碍者となってしまう。そうなれば、もがき苦しみながら人生を生きていくこととなるし、行政も、本来支払わずに済んだであろう、その身体障碍者への障害者年金だとかの援助金を支払わねばならなくなるのだから、たまったものではない。

 飛び降り自殺をした結果、痛くて苦しい思いをして深刻な後遺障害が残るとか、声が出なくなるとかの症状が残って、その後の人生を生きていくとは・・・まったく、愚かなり。

 痛くて苦しむ思いをしない究極の方法は、そもそも、投身自殺をせぬことよ。どうしても死にたいというのならば、生還率が高い薬物自殺でもすれば?但し、致死率の低い薬物でもって実行せねば意味が無いのだが・・・。その方が、多少は、投身自殺よりも痛くなくて苦しまない死に方と言えるから。

 本気で飛び降り自殺を決行して失敗した暁には、もう絶望しかない。とある未成年が投身自殺をした結果、片脚欠損、片腕欠損とか、あと内臓の肺とかにもダメージを負った結果、親は無言になってらしい。何も言わないらしい。最早、呆れ返っているのであろう。

 いくら体や脳に障害が残らないで済む飛び降り自殺の仕方をインターネットで検索したところで、実行した際には、身体や脳に障害が残ってしまうかもしれないのだから。

 空中では、もう二度と声が出ないかもしれない。あまりの恐怖感でな。丁度、遊園地のジェットコースターに乗車中には、物凄い角度で落下する場面では、内臓がフワッと浮く感覚に陥り、声など出ない感じと言えよう。

 飛び降り自殺未遂者の体験談

 全ての死ぬ準備を済ませてから、つまり遺書をしたため、遺産相続等の遺言も整え、遺品整理も自ら済ませて、いざ飛び降りても、生き残ってしまえば、それほど格好悪い事態は存在しない。

 恐怖感を感じずに安心して飛び降り自殺出来る方法

 恐怖感を一切感じることなく安心して飛び降りる方法だと?そんなもの、薬物でも使用しない限りは無理に決まっている。通常、人は、そこから落ちたら確実に死ぬであろう高さにいる時には、個人差はあれど、必ず恐怖を抱いているのだ。いくら本心では、この世の苦しみから解放されたいので、一時も早く楽になりたいと思ったとしても、身体の防衛反応としては、死ぬのを拒否しているが為に、いざ飛び降りようとすると、脚がブルブルと震えるのだ。

 兄貴が飛び降り自殺して死んだ、とある弟の事例では、その兄は、飛び降りる直前、部屋の中でガクガクと震えていたらしい。これから自分の身に起きる凄惨な死に方を想像していたのであろう。しかし、その兄は飛び降りて死んでしまった。飛び降りる勇気は持ち合わせていたらしい。

 その兄の飛び降り自殺の現場検証では、弟が同席したらしい。悲惨なものだな。そんなお別れ方というのは。

 死にたい人は、霊的知識を知ってくれ☆

裸で飛び降り自殺した、内臓が飛び出た人のグロテスク死体画像
裸で検視室に置かれる飛び降り自殺者のグロテスクな写真
飛び降り自殺者の死体を上から撮影した写真
飛び降り自殺して死んだグロテスク投身自殺者の死体画像
飛び降り自殺して死んだ若い女性の投身自殺死体画像
飛び降り自殺してガラスが割れた飛び降り自殺現場の様子
飛び降り自殺が発生した現場の高層ビルの景色
胴体と脚がバラバラになってしまった投身自殺者の死体画像
飛び降り自殺した若い女性の生前の姿
頭部が割れて脳味噌が飛び出した投身自殺者のグロ死体画像
自動車の上に落ちた若い中国人女性のグロい死体画像
絶命している飛び降り自殺者の画像
途中で引っかかった投身自殺者の死体グロテスク画像
新聞紙で飛び降り自殺者の死体を隠しているところ
投身自殺現場で撮影された女の自殺死体画像
小学生の飛び降り自殺者のグロ死体画像
バラバラ死体となった飛び降り自殺者のグロテスク死体画像
ロシア人の子供が投身自殺した後の死体の様子
遠くから撮影した飛び降り自殺者の死体の様子
もう死んでいる飛び降り自殺者の死体写真
ビルから飛び降りて引っかかり、宙ぶらりんになった投身自殺死体
警察の現場検証を撮影した飛び降り自殺現場のグロテスクな死体画像

高層ビルから飛び降りてグロテスクな死体になった少女