飛び降り自殺で死ぬ方法に関する情報集

 飛び降り自殺は、確実性の高い自殺方法だ。しかし、失敗する可能性の高い自殺方法でもある。それはなぜかと言えば、確実に即死出来る高さを見誤って、甘い高さから飛び降り自殺したからに過ぎない。

 つまり、飛び降り自殺が成功する可能性というのは、要は高さが最重要だということだ。

 遺書を書いて飛び降り自殺する者、そして仕事が嫌で飛び降りて死ぬ者、仕事が嫌、精神病で生きるのが辛くて・・・生きていく気力がないので死にます、生きていたくないから飛び降り自殺しますとか、理由は様々です。

 しかし、飛び降り自殺未遂を繰り返さない為には、飛び降り自殺未遂を繰り返す人の失敗パターンから何かを学び取らなければならない。そこで、けっして生き延びない、絶対に生き延びない、生存できない飛び降り自殺方法、100%確実に死亡する飛び降り自殺の死に方とは何か?を考えねばならない。

 ストレスから逃れる為にその場の判断で飛び降りた人がいるとする。すなわち、地面激突後に心肺停止し、脳死するかもしれない。勿論、頭が衝撃を受ければ脳味噌が吹っ飛ぶかもしれない。

 そもそも、飛び降りたことが今までの人生で一度もない自殺志願者にとって、飛び降り自殺するということは、もう不安しかない訳だ。不安感に襲われまくっているであろう。飛び降りる勇気が湧くことなど、果たしてあるのだろうか?そもそも、飛び降りるという行為は勇気の産物なのか?飛び降り自殺行為自体が現実逃避の為の手段だと思うのだが・・・。

 とにかく、遺体が壊れずに激突することなど有り得ない。十分に死ねる高さから飛び降り自殺をすること、すなわち、身体がバラバラに損壊するということだから。つまり、飛び降り自殺死体が四散してバラバラに壊れないで済む飛び降り方など、どこにも存在しないのだ。

 勿論、身内も悲しむこととなるだろう。殆どの飛び降り自殺者の家族・遺族は、悲しむであろう。余程の迷惑をかけまくった荒くれ者以外は、誰かしらに悲しまれるであろうから。

 とにかく、正常な飛び降り自殺方法を実践した場合のに、ちゃんと死ねるのだ。パニックにならないように、事前に飛び降りて即死可能な高さとかに関する情報収集をすべきだ。それは山中で飛び降りる場合も同様だ。自然の山の中で、切り立った崖から眼下に飛び降りるというのもアリなのだから。森林の中の吊橋から飛び降りるとかね。

 突発的に飛び降りてしまうものだから、特にうつ病患者は。自殺願望が強い人もそうなのだが、特にうつ病患者の内、誰にも相談しないような人、孤独な専業主婦、そして自殺したら生命保険が貰える契約をしている人が特に危ないと言われている。

 飛び降り自殺者が発生したマンション等の賃貸物件は、当然、事故物件として扱われる。不動産屋で事前に知らせなくとも、そういった情報は、インターネットを通して急速に広まるので、隠し通せない。中古マンションだろうと、新築マンションだろうと、関係ない。物件の価値は下がってしまうのだ。故に、物件の価値を下げずに飛び降り自殺する方法などは存在しないのだ。

 では、病院から精神病患者が飛び降りた場合はどうか?それは、病院なので、特に資産価値の変動はないであろう。しかし、やはり看護師等に不安を与える結果となるであろう。

 飛び降り自殺者の死体は酷く損壊する結果となるので、葬儀の時に穏やかな顔にはなれないであろう。エンバーミングを施しても、ある程度までしか無理でしょう。特に顔や頭を強打した場合、頭蓋骨が割れて脳味噌がはみ出てしまうかもしれないから。その結果、とても辛い事態となるでしょう。

 親族に迷惑をかけない飛び降り自殺の仕方もない。必ず、何かしらの影響を及ぼしてしまう筈。また、生きるのが辛いからと、幼い娘や息子と一緒に飛び降り自殺する心中のケースもあれば、家族、特に子供を残して飛び降り自殺してしまうケースも存在する。どちらにしろ、残された遺族は苦しい思いをせざるを得ない。

 又、妻や夫や親を残して飛び降りるケースもあるが、これは夫婦喧嘩のもつれという以上に、性格の不一致というか、もっと深刻な理由が原因であろう。とにかく、自殺未遂で終わらせずにちゃんと死ねることで定評のある投身自殺を選択するということは、それだけこの世に未練がないということか。

 しっかりと、ちゃんと、金をかけずに飛び降りることは可能か?勿論、飛び降りるだけなのだから、金は不要だ。故に、貧乏人でも十分に実行可能な死に方なのだ。自殺未遂を何度も繰り返すことなく、たったの一回きりで死に切れるのが、飛び降り自殺のメリット、利点でもある。そもそも、投身自殺を何度も繰り返す自殺志願者というのは、聞いたことが無い。飛び降りる動作を何度も繰り返す自殺霊なら知っているけどね。

 しっかりと死ねて、綺麗に死ねるのが飛び降り自殺である。将来を悲観した者、将来が不安で人生を終わらせる為に飛び降り自殺する者が後を絶たない。ちょっとの勇気、一歩だけ空中に歩んでバランスを崩せば、もう簡単に人生を終わらせられるからだ。本当に簡単な死に方、楽に死ねる死に方が、飛び降り自殺なのだ。

 投身自殺は痛くはないのか?といえば、もしも即死出来なかったとしたら、物凄い痛むのが正解だ。勿論、人間はあまりの痛みの場合、痛覚が麻痺するらしいので、その場合は痛みは感じずに済むかもしれない。しかし、どの道、人生を捨て去る覚悟の上で飛び降りて生存してしまったのならば、それは負けたということだ。

 不倫で飛び降り自殺した場合はどうか?その場合、勿論、建物の管理会社・管理人からの損害賠償が成されるのは勿論、不倫相手の奥さんだか夫だかから慰謝料も請求されるであろう。どちらにしろ、遺族が苦労するのは目に見えている。

 それに、意外と飛び降り自殺は死ねないのだ。即刻死ねると思ったら大間違いで、苦しみ続けて、中々死ねないというケースもある。飛び降り自殺で死のうとする自殺志願者は、どうしても下から上を見上げる格好になるので、高さを見誤る傾向があるらしい。本当は、即死するにはもっと高い場所から飛び降りなければ即死不可能なのに、中途半端な高さ、低い場所から飛び降りて、結果、腰骨を折ったり、頸椎損傷という重症で助かってしまうケースが多々あるらしい。

 なので、早く死ねる、とっとと死ねるような高さから飛び降りる必要性がある。両親を残して飛び降り自殺したり、浮気が発見されて飛び降り自殺したり、訴えられて飛び降りたり、逆に訴えられたショックで飛び降りたり、賠償判決が出て賠償金を支払えないので飛び降りたり、心神喪失で飛び降りたり・・・といった、様々な理由から飛び降りるのだが、結局、地面に激突する瞬間には、飛び降りた理由などは無関係に、人間の身体はひん曲がるのだ。

 飛び降り自殺は最強の致死率を誇る自殺方法だ。精神病患者がよく飛び降りるのだが、生きて戻れる確率は半分もない。精神科の精神病院の屋上や窓から飛び降りてたら、もう二度と、同じ病室には戻ってこれない。なぜなら、棺桶の中にその人の遺体が収まっているからだ。苦痛を感じずに死ねる、そして数秒から十数秒、遅くとも数十秒で死ねる可能性があり、安らかに死を迎えられる確率が高い死に方ではあるものの、脳が破壊されることも充分考えられるので、もしも生き残った場合に、凄惨な人生が待っている。飛び降りるのならば、何としてでも死に切らねばならない。現代の医療水準は、一度病院に運び込まれたら、徹底的に生かされるからだ。

 上手に飛び降りで死ぬには、やはり、万が一生き続けても、絶命するまでの間は、救急車で搬送されないような場所が望ましい。故に、都会のど真ん中のような、人だらけの場所で飛び降りるのは望ましくない。誰かを巻き添えにしてしまう危険性もあるからだ。時間的には、一時間から数時間は見つからずにいられる場所が望ましい。狭い国土にびっしりと人口が詰まっている日本国内では中々難しいのだが、廃墟とか、山奥の秘境とか、なんとか探さねばならない。そこでもしも飛び降りれば、絶対に助からず、きっと絶命できるであろう。

 飛び降り自殺の予行演習は、多分出来ないだろう。トランポリンでも借りるのか?無理だろう。根本的に、飛び降り自殺とは、地面への一方通行だ。トランポリンのように、柔らかい素材が落下地点にあるような死に方ではないのだから。故に、飛び降り自殺未遂にならずに済む方法、飛び降り自殺未遂者として辛い人生を送らずに済む方法というのは、中々テスト出来ない。他人の飛び降り自殺事例から、確実に死ねる高さとかを推測するしかないのだ。

 本当に死んでしまうつもりなら、二度と失敗しない場所でする必要がある。それは高さだ。木を失ってしまうような、ここから飛び降りたら、もう二度と失敗しない[二度目はないということ]であろう高所、木を失わずに済むギリギリの高さから飛び降りること、それが本番で確実に死ねるコツとなっている。

 一度飛び降りてしまえば、失神するか失神しないかは重要ではない。スカイダイビングよりも遥かに低い場所から飛び降りるのだから、数秒あれば終わるのだ。

 まあ、最初で確実に死ねないとなると、二度目はない。とある飛び降り自殺体験者は、手足がもがれて、車椅子生活となり、もう一度飛び降りようと思っても、飛び降りれない体となってしまったようだ。そのように、飛び降り自殺とは、生き残るという観点からすれば、究極的にダメな自殺方法であり、けっして良い死に方とは言えない。まあ、そもそも、生き残ることを前提に飛び降りる人はいないのだが・・・。

 リスクのない飛び降り自殺というのも存在しない。どうしても、高確率で障害者になってしまうリスクがあり過ぎる。2分の1どころではなく、生存した場合、必ずどこかの部位が欠損するであろう。勿論、内臓もダメージを受けるであろう。故に、確かに驚異的な致死率を誇る死に方なのだが、裏を返せば、リスクだらけの自殺方法と言える。取返しのつかない重篤な後遺症が残る前に、もう一度再考した方が良い。

 脳機能を損失するケースもある。地面に激突する時は腰や手足からの場合が多いらしいが、一度激突した後、反動で地面や壁や周囲の物体に頭部を激突させてしまい、脳の機能を損失するケースがあるという。そうなると、言語障害を負い、運動障害を負い、知能障害を負うリスク、甚大なる脳機能を失うリスクがあるということ。最悪の場合、植物人間、植物状態となってしまう投身自殺未遂者もいるとのことだ。

 有名人の飛び降り自殺においても、昔は某未成年の女性アイドルが、近年では、某大物歌手が飛び降り自殺で死んでいる。有名人の自殺といえば、大抵は首吊り自殺なのだが、飛び降りて死ぬ人もけっこういるのだ。芸能人やスポーツ選手は、金持ちが多いので、高層マンションの上層階や最上階の部屋を所有していることがある。そこから下の景色を見れば、何か気持ちが落ち込んでいる時に、ふと、[ここから落ちれば楽になれるかしら・・・]と考えてしまうことがあるのであろう。

 飛び降り自殺の準備と下調べに関しては、まず準備であるが、そんな必要はない。何も道具など不要だからだ。海外では、裸で飛び降り自殺した強者もいるらしいしね。次に下調べだが、これは最重要だ。飛び降り自殺で死に切るには、一にも二にも、高さ及び地面の固さが重要だからだ。折角即死可能な高所から飛び降りても、下が柔らかい盛り土ならば、もしかしたら、助かってしまうかもしれない。

 手軽に、そして手っ取り早く死ぬ為に地面に激突死して死ぬのが飛び降り自殺であるが、この、何の準備も不要な気軽さが、却って未成年の飛び降り自殺の増加に拍車をかけている。人生経験の少ない人物というのは、ちょっとしたことで直ぐに絶望してしまい、死ねば楽になると思い込み、直ぐに死のうとしてしまう傾向がある。本当は、いくらでも人生の困難は、死の道以外に回避可能なのだが、彼らはその道が見えないのだ。死というのは、安易な魔法でもある。

 故に、有名人の自殺報道であっても、無名な一般人の報道であっても、中々、飛び降り自殺してから生き残ったという情報は伝わってこない。なので、自然と、飛び降り自殺は確実に死ねるのだ、失敗する可能性が極力ないのだ、そして苦しまずに安らかに死ねるのだ、安楽死で自殺可能なのだ、と思い込んでしまっているのだ。実際には、けっこう生存者はいるものだし、彼らは地獄の人生を送っているのに・・・。

 どこかの建物の屋上にて、気の迷いなく、瞬時に飛び降りたとしても、もしも生き残ってしまったならば、その後に待ち受けているのは、長い長い障害者としての人生があるのにね。もしも死ねたとしても、自殺霊としての暮らしが待っているだけなのにね。本当に、無知というものほど怖いものはない。

 絶命するまでに、要するに死ぬまでに時間がかからないのが飛び降り自殺の利点ではあるものの、果たして、本当に、死ぬまでに短時間で死ねるということが、そもそもそんなメリットの範疇に数えられていいものか?だって、今までの人生を生きて来た膨大な時間に比べたら、各種の自殺方法で死ぬまでにかかる時間が一瞬だろうが数時間だろうが、大して変わらないのではないか?だったら、もっと熟考してみれば?更に追加すれば、生きる方面で考えてみては?

 完全自殺マニュアルに書かれている飛び降り自殺の方法は、あれは出鱈目だ。完全自殺マニュアルという本に書かれている通りに自殺行為をしたしても、生き残って、今、辛い人生を送っている元自殺志願者は大勢いるらしい。脚の欠損、腕の欠損、失明、内臓障害、腰から下が動かない等・・・様々な不利益ばかりが生じるのだ。

 リアルに、セックスも出来ないであろう。したとしても、何も感じないであろう。子供が出来るのかどうかは不明だ。そんなことを色々と考えたならば、全く苦痛なく死ねるとか、確実に死ねるだとか、早く死ねるだとか、飛び降りてから気を失って楽に死ねるだとか、確実に楽に死ねるだとか色々と喧伝されても、そんなのどうでも良くならないか?

 失敗して障害者になる可能性が高いのだ。自殺出来ずに終わる可能性が高いのだ。ほぼ確実に死ねるとは思わないで欲しい。完璧な準備わして飛び降りたとしても、何等かに予想外の要因で助かってしまうかもしれない。それが、飛び降り自殺方法なのだ。

 故に、絶対に飛び降り自殺などしないで頂きたい。

 死にたい人は霊的知識を知って☆



バラバラ死体となった飛び降り自殺者のグロテスク死体画像
ビルから飛び降りて引っかかり、宙ぶらりんになった投身自殺死体
もう死んでいる飛び降り自殺者の死体写真
ロシア人の子供が投身自殺した後の死体の様子
遠くから撮影した飛び降り自殺者の死体の様子
警察の現場検証を撮影した飛び降り自殺現場のグロテスクな死体画像
高層ビルから飛び降りてグロテスクな死体になった少女
子供の飛び降り自殺死体画像
自動車の上に落ちた若い中国人女性のグロい死体画像
若い女性が飛び降りて頭が割れたグロテスク死体画像
小学生の飛び降り自殺者のグロ死体画像
新聞紙で飛び降り自殺者の死体を隠しているところ
絶命している飛び降り自殺者の画像
途中で引っかかった投身自殺者の死体グロテスク画像
投身自殺で死んだ老人の脳味噌が飛び散ったグロい投身自殺死体
投身自殺現場で撮影された女の自殺死体画像
頭部が割れて脳味噌が飛び出した投身自殺者のグロ死体画像
胴体と脚がバラバラになってしまった投身自殺者の死体画像
飛び降り自殺が発生した現場の高層ビルの景色
飛び降り自殺した結果、頭がパックリと割れた自殺死体
飛び降り自殺した若い女性の生前の姿
飛び降り自殺した若い男の画像①
飛び降り自殺した若い男の画像②
飛び降り自殺した若い男の画像③
飛び降り自殺してガラスが割れた飛び降り自殺現場の様子
飛び降り自殺して死んだグロテスク投身自殺者の死体画像
飛び降り自殺して死んだ若い女性の投身自殺死体画像
飛び降り自殺して脳味噌が飛び出した老婆の死体画像
飛び降り自殺者の画像
飛び降り自殺者の死体を上から撮影した写真
裸で検視室に置かれる飛び降り自殺者のグロテスクな写真
裸で飛び降り自殺した、内臓が飛び出た人のグロテスク死体画像