リストラされて失業して、人生に絶望したサラリーマンとかエリート会社員とかが、飛び降り自殺することがある。まあ、倒産したサラリーマンが、失業後、金に困って、闇金に手を出して借金で首が回らなくなり、クレジットカードのリボ払い等で大きな借金を作ってしまうケースとか、色々あります。

 でも、借金がいくらあっても、死ぬことはない。借金で死ぬことを決意したサラリーマンや企業経営者、社長自身が、飛び降りて死ぬのだ。あくまでも、勝手に飛び降りるのではなく、己の決断の結果だ。

 失業しても、失業保険貰えるのではないか?しかも、倒産ならば、割と直ぐに貰える筈だぞ。なので、飛び降り自殺した社長とかも、よくよく考えれば良かったのに。企業経営者でなくとも、生きていく手段はあったろうに。勝手に飛び降りて死のうとするのは、肉体の意志ではなく、プライドのせいだな。会社を倒産させた社長、企業経営者というのは、アホである場合もあるし、傲慢である場合もあるので、プライドは異様に高そうだからな。そんな人達ならば、失業給付とか、生活保護とか、アルバイトとかに転落する位ならば、死んでしまった方がマシだと思っても不思議ではない。

 銀行が金を貸してくれないので、倒産するしかないので首を括っただの、飛び降り自殺しただの、色々と理由をつけている中小企業の会社の社長は意外と多い。銀行の貸し渋りのせいで飛び降りて死んだのだが、たかがお金が借りられなかった程度で飛び降り自殺なんてするなよ!という話だ。

 経済は生き物なので、斜陽産業とか、斜陽企業があるのも当然だ。それらの会社の経営陣やサラリーマンや社長は、まあ、よくよく身の振り方を考えてくれ。

 倒産して露頭に迷ったサラリーマンでも、その瞬間に人生に絶望して飛び降りるのではなく、もう一度、あがいてみれば?別に、正社員からアルバイトに戻ってもいいのではないか?マイホームも手放してもいいのではないか?自家用車も手放してもいいではないか?命よりも、この世の物質の方が大切なのか?アホらしい。

 倒産寸前であろうが、気持ちを強く持ってください。けっして元サラリーマンであれ、元会社員であれ、元経営者であれ、元社長であれ、階段から飛び降りるなんてことは絶対にしないでください。雇われ社長でも、外食の飲食店のチェーン店の雇われ店長だろうと、居酒屋の従業員だろうと、そんなの、転職すればいいだけの話ではないか?

 外資系のサラリーマンは大変だろうが、何とか絶望せずに生きてくれ。けっして飛び降り自殺なんてするなよ!

 また、会社のお局様が婚期を逃して結婚出来ないことに絶望して飛び降り自殺して死んでしまうケースもある。財産を全部盗られて、もう何もなくなって絶望しかないので飛び降り自殺して死ぬパターンもある。財産を全額振り込め詐欺で全部詐取されて人生絶望したので、飛び降り自殺した老人もいる。

 オレオレ詐欺も、振り込め詐欺も、貯金を全額盗まれたとて、生活保護を受けてくれ。悪いのは全部相手、騙した方なんだから。稀に騙された者が悪いみたいに言う奴がいるが、そいつにしたって、そいつよりも更に知能の高い奴がそいつを騙そうとすれば、割とあっさりと騙されてしまうのだから、そういう理論はよくない。

 とにかく、高齢者・老人・老齢の老婆や紳士は、絶望してとか、生活苦から万引きして逮捕されて恥をかいたからとかいう理由で飛び降りるべきではない。

 たかが、老人や高齢者が犯罪に走ったからとて、行くべき場所は刑務所であり、あの世ではないぞ。飛び降り自殺して逃げても、自殺霊となって現世に留まり続けて辛い目に遭うだけだ。

 また、婚期を逃して結婚できない女が絶望して飛び降り自殺して死ぬパターンも存在する。家出してホームレスになって路頭に迷うことになった少女、少年、子供が、あまりのショックで飛び降りて死んでしまうケースもある。まあ、ホームレスになった老人や青年も飛び降り自殺してしまうことがあるけどね。

 家無し・家を失って住む場所を失うというのは、相当心理的なダメージがある。家出少女や家出少年は行く当てもなく、街をさ迷うのだ。家出してホームレスになれば、精神の火も消えかかる。そうなれば、飛び降りて楽になろうと、飛び降り自殺を実行してしまう可能性もある。突発的な衝動という奴だ。とにかく、投身自殺は中止しておけ。

 家出して行く当てもなくさ迷っている内に、死にたく思い、ふと見上げると、高いビルがあったと。そんな時に、家を失った行く当てもない家出少年や家出少女が思いつくのは、死にたい、飛び降り自殺で死にたいということか。家出してホームレスになったはいいが、生きていく糧も術もないという。それならいっそ、ここで飛び降りて死のうかと思ってしまうのだ。だから、家出途中での飛び降り自殺というのは意外と多い。

 結婚できないので飛び降り自殺するパターンもある。割と、結婚できない男が近所のビルやマンションから飛び降りて死のうとする事例は多々ある。特に中年の男や中年の女に多い。なぜならば、老人はもう諦めているし、若者はまだチャンスが沢山あるからだ。

 借金で路頭に迷う人とか、全財産を失って絶望したからとか、希望がなくなったからとか、絶望しかないからとか、未来に希望がないからとか、夢が無いのでとか、夢に破れたからとか、夢が叶わなかったからとか、詐欺師に全財産を盗られたからとか、詐欺師に騙されたからとか、詐欺師のせいで人生が破壊されたからとか、闇金に借りた借金が原因で精神が・人生が追い詰められて気持ちが死ぬ方向に傾いたからとか、闇金の取り立てが激しいからとか、借金の取り立てで精神を病んで絶望したからとか、ニートが人生に絶望したからとか、ニートが人生に行き詰って生きられなくなって飛び降り自殺をしたパターンとか、色々投身自殺で死ぬ理由はあります。

 また、引きこもりが人生に絶望してとか、引きこもりが親が死んで生きられなくなり飛び降りたとか、親が死んだニート、引きこもり人生詰んで飛び降り自殺して死ぬ方向を考えることはよくあることだ。まさしく、人生オワタ!で飛び降り自殺するとはこのことだ。

 まあ、中卒ニートの引きこもりが飛び降り自殺を予定していることもある。年齢層は様々だ。

 10代前半の引きこもりニートであったり、10代半ばの引きこもりニートであったり、10代後半の引きこもりニートであったり、20代の引きこもりニートであったり、20代前半の引きこもりニートであったり、20代半ばの引きこもりニートであったり、20代後半の引きこもりニートであったり、30代の引きこもりニートであったり、30代前半の引きこもりニートであったり、30代半ばの引きこもりニートであったり、30代後半の引きこもりニートであったり、40代の引きこもりニートであったり、40代前半の引きこもりニートであったり、40代半ばの引きこもりニートであったり、40代後半の引きこもりニートであったり、50代の引きこもりニートであったり、50台前半の引きこもりニートであったり、50代半ばの引きこもりニートであったり、50代後半の引きこもりニートであったり、60代の引きこもりニートであったり、60代前半の引きこもりニートであったり、60代半ばの引きこもりニートであったり、60代後半の引きこもりニートであったり、70代の引きこもりニートが飛び降り自殺して死のうとするかもしれない。

 とにかく、負け犬人生に終止符を打つ為に最も最適な自殺方法なのが、この飛び降り自殺方法だという訳だ。引きこもり歴の長いニートが飛び降りたり、高齢の、もう人生のやり直しがきかない引きこもりが飛び降りてしまうケースが多々ある。そういった投身自殺で死のうとしているニートや引きこもりをどうにかする為にも、又、社会不安障害のニートや引きこもりをどうにかする為にも、飛び降り自殺で死ねば最悪な結末が待ってるいぞ、と知らしめねばならない。

 私が飛び降り自殺で死ぬことは、まずないであろう。最悪だからね。死体も汚いしね。なによりも、自殺で死ねば、死後にあの世で良い世界に行けないと分かっているからだ。つまり、俺やワシや自分が飛び降り自殺で死ぬことはないということだ。

 自殺を考えているニートや引きこもりも、私に倣って、絶対に飛び降り自殺などしない決断をしろよ。

 人生が終わっている人といっても、それは勝手に自分でそう思い込んでいるだけだ。人生終了したので飛び降りで死にたいとか、派遣社員が派遣切りで路頭に迷い、人生に絶望したから飛び降り自殺するとか、派遣社員が怪我により仕事が出来なくなり死ぬしかないので飛び降り自殺して死にたいとかね。あと、期間工の契約が終了したから飛び降りて死にたいとかね。

 また、クレカの借金の残高が多すぎて飛び降り自殺したいとか、クレカのリボ払いの残高が全然減らないので死にたいとか、クレジットカードの借金まみれで飛び降りて死にたいとか、毎日自殺を考えている自殺志願者がどういった死に方で死のうか考えて、結局飛び降り自殺で死のうとかね。もう、色々と大変ですよ。

 ハッキリ言えば、私も、もう何年も、クレジットカードのリボ払いの残高が全然減りません。しかし、別に、それで人生終了したとは思いません。逆に、どうにかなると思っています。だから、あなたも飛び降り自殺で死ぬことなんて、けっしてしないでくれよ。

 死にたい人は霊的知識を知ってくれ☆